縄文セミナー冬編 ㏌あるでばらん

2021年12月04日(土)

縄文で読みとく陰陽五行セミナー冬編㏌あるでばらん 
~縄文で読み解く陰陽五行セミナー冬編~
縄文の時代から、日本には「常(とこ)若(わか)」という考え方があります。
常に若返る(よみがえる)国。
『常若』とは・・・
変えるべきものを変える勇気。
変えられぬものを冷静に受け入れる謙虚さ。
“変えなくてはならないもの”と“変えてはならないもの”を見分ける知恵。
『陰陽五行』は
日本の四季の中で生き、自然と共存する暮らしの中で育まれた哲学です。
『常若』や『陰陽五行』は決して過去の遺産ではなく、現代社会が抱える様々な問題を乗り越えるためのヒントとして、世界中が注目しています。縄文時代から現代に至るまで私達の身体の源流として今でも生き続けています。
常若は『目覚め』でもあります。
新しい時代への目覚めのセミナーになれば!と思っています。
陰陽五行では、
冬=腎=骨=ホルモンと考えます。
冬のセミナーでは、ホルモンについてお伝えします。
☆講師:柿原悦子(縄文伝え人 薬剤師 色彩心理カウンセラー)
☆日時 12/7(火)10:00~15:00
☆場所 月舟苫家
    福山市内海町ロ2496
☆参加費 6500円(ランチ付)
☆お問い合わせ お申し込み
 Facebookメッセンジャー
 inyo.gogyo.sikisai@gmail.com
 090-1011-7324(ほのか薬局 大井)

トップに戻る