2019年10月
 年運セミナーを続けていて…
 「年運」は、『黄帝内経の運気論』に書かれているものです。「黄帝内経」は中国最古の医学書で、陰陽五行の哲学をまとめたものです。その運気論を知ったのは、広島の漢方勉強会に参加していた25年ほど前から。

毎年1回の勉強会で、女性の漢方薬剤師がその年の「運気論の年運」を解説されていました。初めに運気論を聞いたころは「そんな昔の文献が当たるはずない」と思っていましたが、阪神淡路大震災が「土の年の土の月、土の日」に起こり、ここから「土が大きく動く」変動が始まったことに気づき、半信半疑ながらも天災があるたびに年運を見直してみると当たっていた!ことに気づき、やっと勉強するようになった次第です。

前述の女性薬剤師が年運の解説をやめられてからは、本気で読み解きのための様々な本を調べ探求しました。読み解きを始めた当初、10年前は直訳していましたが、その頃は「年運が当たる、当たらない」という思いが強く、流れを考えることもなく、読み解いては不安になっていました。しかし、永く年運を続けて、多様な分野の年運を読み解いていくと、当たる、当たらないを超えて
『自分の中で育てていくもの』なんじゃないかという感覚になってきました。

陰陽五行の宇宙の法則(真理)を知り、活かしていくことは、自分の内側の宇宙を知り育んでいくことでもあり、自分が自分らしく偽りのない本質の私として生きることで、魂の設定が出来るようになります。

こうして始めた年運の読み解きは、やがてセミナーにも発展し、近年では福山を飛び出して各地で開催させていただいています。始めた5年前は薬局内で数名の参加者だったものが、2019年の年運セミナーは各地で開催させていただき100名以上の方にお伝えできました。主催者の皆さんには深く感謝いたします。

来年、2020年の年運も各地で開催させて頂きますので、Facebookやメールなどでお申し込みください。当薬局では12月中頃からのスケジュールで始める予定です。

2020年は地球にいる誰もが大切な・大変な時期を迎えます。社会も個人もリセットされていき、今までにない新しい時代が本格的にスタートします。私たちのライフスタイル、生き方、判断基準、価値観も大きく変わっていくでしょう。

でも、変わることを恐れないでください。もしかしたら、今息苦しいと思っている方がチャンスなのかもしれません。なぜなら、「変わる」ことを容易に受け入れれば良いからです。銀河、宇宙、地球が変容へと進む今、私達もそろそろ覚悟を決めなければならないようです。

そんなお話を、年運セミナーでしっかりとお伝えしようと思っています。準備を整え、あとは素直に波を読んでいくだけ。