●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ま め 知 識
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
Q1.熱は、なぜ上がるか?

A1.熱はなぜ上がるのか?


発熱の原因

発熱は、何らかの原因によって体温が普段より高くなった状態を言います。

      熱射病、日射病、うつ熱などの受け身の発熱
    脳腫瘍や脳外傷による、脳の中枢の発熱
    感染に対して身体を守る反応(生体防御反応)としての発熱

小児では、感染による発熱すなわち生体防御反応による発熱がほとんどです。
ですから、感染による発熱についてお話します。

細菌やウイルスなどの感染を受けると、その細菌などをやっつけようとする白血球が集まってきます。白血球は、自分が戦いやすいように、熱を上げるよう脳に命令を出します。脳内には体温の調整をつかさどる中枢があり、その命令を受けると体温の設定温度を高めにセットします。(セットポイント)例えば、平熱が36度のところを、39度にセットします。





寒気や手足が冷たい時は、温度を上げようとしている時であり、一定温度に達すると手足が暖かくなります。これは、体温調節をしている様子です。汗を出す事で熱を外に発散させると、熱は下がっていきます。

発熱の様子  上の図の説明

   @熱を上げようとする時は、皮膚の血管が収縮し「ふるえ・悪寒・さむ気」が起こり体温を高めます。
   A体温が設定されたところまで上がると(生体防御反応に必要な温度)、この温度で体温調節が行われ、高い体温が続き
    ます。

   B熱が下がる時は、上がる時の反対で、皮膚の血管が拡張し「汗が出て」また、新しく設定された体温(平熱)まで、下
    がります。


発熱は、生体防御反応

   発熱は、感染などに対する、身体を守る反応であり、生体によって調整されている高い体温の事です。普通、感染など
   による発熱では、体温は
41.5度を越える事はありません。それは、脳の中で「これ以上あがったらいけません。」と指
   令を出し、体温の異常な上昇を抑えています。このように発熱は、脳の体温中枢でコントロールされています。

    細菌やウイルスは、体の中でどんどん増えて感染を広げます。しかし、体温が高いと細菌やウイルスは、増える速度が遅
   くなります。また、身体が細菌などと戦うには、体温が高い方が働きやすく、白血球が細菌などを食べる力も強くなりま
   す。

「熱さまし」は、かぜを早く治すか?

   最近の研究結果では、からだの侵入したウイルスの発育を抑えて、ウイルスの力を無くすための抗体を体の中で作るまで
   の間、かぜの時の発熱は、生体防御反応の第一線を担っていると言われています。

  「熱さまし(解熱剤)」で、かぜの時の熱を無理やり下げる事は、生体防御反応に必要な発熱を妨げている事になります。
   現在使われている解熱剤が、かぜの経過でどのように影響しているかと言う調査の報告では、
37.5度以上ある子供に解熱
   剤を使かった時と使わなかった時では、



            使わなかった子の発熱期間は、男子・女子   2.1
            使った子の発熱期間は、男子 3.84  女子3.99


   解熱剤を使った子供の方が、発熱期間がかえって長くなる傾向がありました。

   つまり、解熱剤は、発熱のよるつらさを軽くするためのもので、病気を治すものではありません。解熱剤を連続して使う
   と、図に示したような高体温・低体温の状態を繰り返す事になりかねません。

解熱剤の使い方

    4ヶ月未満の乳児の場合、解熱剤を使う事によって発熱の原因が分からなくなる事があります。4ヶ月以上の乳幼児でも、
   高熱であっても元気があれば解熱剤は、控えるようにしましょう。

   よく心配される事ですが、高熱でも、脳は簡単に壊れたりしません。
     逆に、解熱剤を使うのは、


        @体温が41度以上ある時
            A体温が38.5度以上でも、頭痛などの痛みが強い、機嫌が悪い、とてもしんどそうな時
        B心疾患など基礎疾患があって、主治医が使うように言われている時


   熱は、夕方から夜中にかけて高くなり、辛くて眠れない時があります。そのような時に使うようにして、午前中は、様子
   を見るようにしましょう。

発熱以外の症状や所見も大切

   遊ぶ元気があるか?  食欲はあるか(ミルクの飲む量は)?   機嫌が良いか?
   幼児以上の場合:頭痛・耳痛・腹痛・嘔吐・下痢の有無   尿の回数
   発疹(ブツブツ)があるか? 腫れていないか?
    などの症状などに注意して、必ず医師に伝えましょう!

(文責:柿原)
Copyright (C) (有)ほのか薬局.Hukuyama. Co.Ltd. All Rights Reserved