アトリエ通信 2017年12月

 
2018年はまさに盆栽アートの世界です
 

   日本人なら誰もが知っ
ている盆栽。でも、実
は本質を全く知らなか
った!一般的なイメージ
は鉢植えの植物を、針金
でグルグル巻きにする
小難しい趣味…
みたいなイメージ。
でも、今回「ミニ盆栽アートワーク」に参加して、
そのイメージは覆されました。「盆(鉢)+栽(植物)」で盆栽。野にある木々などが自然の状態では、盆栽とは言わない。野にある植物を、自分の視点で空間世界を作り出す。」と話されました。本当に自分というものをしっかり持たないとやっていけない世界なのです。

いったん切ってしまったら、元には戻らない。かと言って、切らずにそのままでも茂り過ぎたり、一部だけ強くなり過ぎバランスを損ない枯れてしまう。よく吟味した上で覚悟を決めて切るか。どうしたいか決めかねて、切らずに枯れるか。

これは人々にも言えることで、自分らしく生きていくには、自分がこうありたいと明確な目標を持ってそれに向かって進んでいく時は、エネルギーはぐんぐん成長に注がれます。逆に周りの事や常識にばかり合わせていると、エネルギーがそちらに使われるので、伸びることができない。2018年はそういう年になりそうです。