アトリエ通信 2017年10月

 
肌トラブルセミナー総まとめ そして新しい展開へ
 

9月に開催した第4回目の肌トラブルセミナーは「お悩み解決」。これまでの総まとめと、社会との接点をどう考えていくかという内容でしたが、参加者は新旧入り混じり、男性の参加もあって、すごく面白い会になりました。

第1回乾燥→第2回ニキビ→第3回シミ        (陰陽五行的にどんどん深まる流れ)

乾燥肌」バリアが弱くなった状態で、感情的には悲しみ、身体的には気力ダウンの状態(肺)
発散力が弱く、心のバリアは厚くなるので出したい感情と抑えようとする力のせめぎ合い
強いストレスを感じる

身体は熱がこもった状態となり、ニキビや吹き出物も表れます→
の不調はニキビの色からもわかる

凝り固まったしこりは「シミ」となって定着(腎)

心理的には「〜しなければ」という過剰な防衛、何かにしがみつき手放せない。ここまで来ると簡単には治らず、また乾燥を生み出してしまうという負のサイクルになります。

参加者の皆さんは、化粧直しが「本当に必要なのかな?」と思い始めたり、「思考が優先している」と気づいたり、「陰陽と季節、肌と心のつながりが理解できてきた」という感想もありました。セミナー初体験の方も「心の中を発散することができたら気持ちが軽くなるのかな」と心、身体、肌が全てつながっていることを感じておられたようでした。

次回肌セミナーは「毛」がテーマ。実は毛1本にも陰陽五行がすべてあるそうです。今後の「肌セミナーの展開はさらに総合的になって本質を深めていく方向となりそうです。