アトリエ通信 2020年4月

 
コロナウイルスとセミナー・ワーク・アトリエ開催について

アトリエほのあかりでも、いろいろとコロナウイルスの影響が出ていて、刻々と変化する社会様子から、薬局内のセミナーなどについても考える必要が出てきました。そこで、ワークやセミナーについてみなさまの意見を伺ってみました。

<みなさんが感じていた不安やストレス>

・ウイルスに対する不安
・周囲の人に迷惑をかけるかもしれない
・家族と自分の考え方のギャップによるストレス
・いつまで続くかわからない不安

<参加したいかどうか>(刻々と変化します)

・自粛期間中は参加を見送る
・内容によって参加、不参加を判断する
・心配はあるが参加したい
・今後の「感染者数で様子を見る・・・などそれぞれ

みなさん真剣に考えて下さり、ありがとうございました。不安になったり揺さぶられるのは当然です。

少し前のことですが、「マスク不足」の声を受けて、手仕事サークルや、薬局スタッフ手作りの布マスクを数量限定で販売したら、薬局を訪れる患者さんたちがアトリエの方たちが、「助かる」と言って買って行かれました。届ける人も受け取る人もにこやかな表情で、その場が温かい空気になっていました。

「自分にできることや得意なことを、それを必要な人に届ける」それを自然に実践している人は、学びの場として生かして行かれるのだなと思いました。

セミナーやワーク、アトリエも不安な世界から希望や勇気を広めるため、必要なことを必要な方に届けるために講師の先生と相談し、以下のセミナー、ワークを実施することになりました。



紡ぐ詩の会どんな言葉も表現していい場。
       言葉を光にするワーク


気のワークエネルギーを整える場。
       この状況の過ごし方のヒントにも


自己探求セミナー不安が出ている時をチャンスに。
(個別予約) いつもよりじっくりと取り組んでいます。

子どものアトリエお子様のストレスケア―のために
(個別予約) 必要だと思われる方は、接触を避けて個別対応
       致します。曜日に関係なく日程調整致します
       のでご相談ください。

ヴォイトレワーク:声を使ってセルフケア、セルフ
       メンテナンス。マスクを着用し、スペースを
       広く取って行います。(最少人数5人)

参加される人に配慮しながら、必要な予防対策をとって
行います。状況が変わる時には中止の可能性もあります。
ご協力よろしくお願い致します。